マンションの売却をして私が感じたこと

5社の不動産会社に査定をお願いしたが対応が大変

結局5カ所の会社に査定お願いして思ったことは、あまりたくさん査定しても意味がないことです。
査定をするたびに、不動産会社の人が自宅にやってきますが、その対応に追われるだけでなく時折一度査定をした会社から「ぜひ我が社に売却を手伝わせてもらえませんか」と電話があったりしました。
その対応が非常に疲れてしまい、たくさんのところを選ばない方がよいと感じたわけです。
これからマンションを売却する人にあえて一言アドバイスをするとすれば、せめて3社ぐらいのところに査定を依頼した方がよいでしょう。
三つの会社に依頼すればおおむね相場がわかるだけでなくそれほど疲れません。
一つの会社を最終的に選ぶ場合ならば、ほかの会社にすべて断りの電話をしなければならなかったり、電話が来た時に断らなければならないため非常に大変になります。
もちろん断ることに対して抵抗がない人はよいですが、私は昔から人に断りを入れることに抵抗を持っていました。
そのため、それだけでかなり体力を使ってしまいHPがあまり残っていない状態で仕事をしていた状態になります。
最終的に一つの不動産会社に決めてから、あとは不動産会社にほとんど任せた状態でしたが、一応不動産会社の方で定期的に私に連絡が来るため、ひじょうに安心をしていました。

一戸建て住宅に住むのが夢でマンションを売却 / 5社の不動産会社に査定をお願いしたが対応が大変 / 信頼できる不動産会社で2カ月くらいで無事売却できた / 結婚が決まった! 1人暮らしのマンションを売却